パイオニアサービスネットワーク株式会社 様

社内 ・ 関連会社共に温度差のあった
セキュリティ意識の向上にも貢献

株式会社gloops 様

2013年7月より「FinalCode」を導入したパイオニアサービスネットワーク。

自社製品をはじめ、社外のビジネスパートナーとのカスタマーサポート業務に必須となる重要機密書類の受け渡しなどに活用しています。

その導入経緯から導入後の使用感について、詳細を伺いました。

※本事例の機能およびサービスは「FinalCode」Ver.4のものです。

会社概要
2000年創業。
以降、世界中のパイオニアグループ製品を中心とした電気機器のカスタマーサポートを請け負い続けている。さらに海外展開支援をはじめ、ニーズなどの分析やフィードバックも行っており、自社グループ製品のクオリティ向上に貢献している。

http://pioneer.jp/psn/

製品修理に必須となる機密情報をより安全に共有する方法を検討

経営統括室 情報システムグループ マネージャー 和田 浩 氏

経営統括室
情報システムグループ
マネージャー
和田 浩 氏

パイオニアサービスネットワークは、国内における音響・映像機器メーカーの先駆者であるパイオニアのカスタマーサポート部隊として、2000年に創立されました。以降、主軸であるパイオニア製品の問合せ・相談窓口業務を中心に、自社製品および他社家電製品の修理業務を実施。さらにはサービス部品の供給、海外サービス体制の維持や構築支援、品質向上のための情報フィードバックなど、パイオニアグループ全体の品質向上に力を注いでいます。

そんな同社がサービスパートナー企業と共有するファイルへのセキュリティ対策の導入を検討し始めたのは、2013年6月のことでした。「ちょうど修理業務の増加に伴いお預かりする製品情報や顧客情報が多くなってきていた時期でした。これらのファイルは機密情報を含みますが、修理業務遂行上、社外のサービスパートナーと共有する必要があります。共有先のパートナー企業ごとにセキュリティ意識が異なるという現実を前に、機密情報を徹底して保護する方法を探していたのです」。導入当時を同社経営統括室 情報システムグループマネージャーの和田 浩さんが振り返ります。

素早い導入を実現すべく「FinalCode SaaS」を選択

実は2年前から「FinalCode」の存在を知っていたという和田さん。しかし当時はまだ活用シーンが具体的に想像できなかったと言います。実際に他社との機密情報の共有シーンが増え、同社の社内セキュリティポリシー見直しの動きがあり、ファイル共有セキュリティツールの導入を検討することになったのです。「ファイル共有サーバーの利用を含め、2~3製品ほど比較をしました。しかし、個別ファイルに対する強力なセキュリティ機能を有し、操作性が高く、かつ価格面においても導入がしやすいソリューションとなると、やはり「FinalCode」一択でしたね」。最終的に同社は7月に導入を決定し、8月にはサービスインというスピード導入を果たしています。

「パイオニア全社で使用することが決定していれば、オンプレミス版である「FinalCode Enterprise」の選択もあったかもしれません。ただ、まずは当社のみで使用する形ですので、必要なライセンスの数も限られています。そのため、セキュリティに不安のある状態からいち早く脱却できる方法を優先しました。システム構築のイニシャルコストがかからず素早い導入ができるクラウド版の「FinalCode SaaS」が用意されている点が、大きな決め手となりました」。

「Final」の名にふさわしい究極のセキュリティ環境を実現

本社1Fのショールーム。ホームシアター製品やDJ向け機材などパイオニア製品が展示される

本社1Fのショールーム。
ホームシアター製品やDJ向け機材など
パイオニア製品が展示される

「FinalCode」の導入そのものはスムーズだったものの、関係会社で閲覧専用の「FinalCode Viewer」をインストールした際、トラブルが起きたケースが1件だけあったと和田さんは言います。「私ども社内のPC環境と協力会社のPC環境が異なるため、トラブルの状況がよく見えませんでした。しかしデジタルアーツさんに問い合わせたところ、営業さんがすぐに現場へ足を運び解決してくれました。レスポンスの速さも魅力のひとつですね」。

導入後の使用感についてはいかがでしたでしょうか。「事前に設定しておいた暗号化テンプレートを使う運用としたため、誰でも簡単に暗号化処理ができたので導入時に混乱はありませんでした。定型的なパターンで送るものは自動暗号化フォルダに入れて暗号をかけるだけですし、個別に送るものに関しては、それぞれ個別で暗号化設定して使用しています。情報を守るためには隠すことが最良かもしれませんが、それでは情報の活用ができません。気を付けて保存していても、ハッカーやウイルスなどの脅威や社員によるミス、持ち出しが完全に防げない以上、ファイルを100%安全な状態にすることはできないと思っていました。しかし、「FinalCode」で暗号化したファイルは、指定した閲覧者でなければ開くことができない上に、ファイルへのアクセスが完全にトレースでき、万が一の時には手元を離れたファイルでもリモートで速やかに消すことができる強力なセキュリティ機能を搭載しています。まさに「Final」、これこそが究極のセキュリティなのだと思います」。

社内・関連会社共に温度差のあったセキュリティ意識の向上にも貢献

国内サービス部 エリア業務支援グループ マネージャー 長崎 久弥 氏

国内サービス部
エリア業務支援グループ
マネージャー
長崎 久弥 氏

日々の業務で「FinalCode」を使い、協力会社へファイルを送付している同社国内サービス部エリア業務支援グループマネージャーの長崎 久弥さんに、実際の使用感を伺いました。「送付するファイルのほとんどがMicrosoft Office系のファイルです。ひとつひとつの容量が大きいわけではありませんが、送付先が多いケースもあり、送付に時間がかかるかもしれないと覚悟していました。しかし、実際に使ってみると、思っていた以上に暗号化の処理が素早くて驚いています。これまでと比べれば、暗号化する分、確かにワンクッション作業は増えますが、自動暗号化フォルダを使えばその煩わしさは一切感じませんね」。現場での使用感は上々の様子です。

それでは、現場の反応はどのようなものだったのでしょうか。「ファイルのアイコンがExcelから「FinalCode」に変わっただけなので、現場でも混乱や反発はありませんでした。ただ、暗号化時の権限設定を常に印刷不可にする運用をしていますので、それが不便だという声が出た時もあります。しかしこれも情報セキュリティポリシー強化の一環ですので、慣れていただくしかないとお答えしています。これまでは各社ごとにセキュリティに対する意識に温度差がありましたが、「FinalCode」を使用することで、ファイル共有の視点に関しては社内外で統制を効かせることができたと実感しています」。

セキュリティとは、お客様のために最低限守り、インフラとしてあるべきもの

実際に「FinalCode」の心強さを体感した同社は、「FinalCode」の代理店契約も行いました。「セキュリティとは、社会のために働く企業としては最低限守らねばならないものです。当社で使用して安心したからこそ、同じ悩みを抱える企業にも、パスワードレスで高いセキュリティを実現できるこの便利さと安心感を体感いただきたいと考えています」。自社で実際に使っているからこそ、自信を持ってファイル共有できるソリューションを提案できると、和田さんは強調します。

一方、長崎さんにとってセキュリティとは「必須のインフラの一つです。お客様にとって安心な会社である証明」と考えていると語ります。今後は全社的な導入を前向きに検討しておられるそうです。デジタルアーツは、今後も「FinalCode」を通して強力なファイル共有セキュリティの実現を支援してゆきます。

‹最新技術› 時代の最先端を行く世界初の製品を次々に開発

『GPSカーナビゲーションシステム』

パイオニア株式会社は、カーエレクトロニクス事業、ホームエレクトロニクス事業を中心に、全世界に事業を展開しています。1938年の創業以来、セパレートステレオ、GPSカーナビゲーションシステム、DVDカーナビゲーションシステム、DVDレコーダーなど、数々の「世界初」の製品でお客様に新しい価値を提供してきました。「より多くの人と、感動を」共有したいという想いを持って、現在も数多くの画期的なエレクトロニクス製品を世に送り出しています。

2012年に世界で初めて発売した、AR情報をフロントガラスの前方に映し出す「ヘッドアップディスプレイ」は、次世代の車載ディスプレイとして注目を浴びています。また近年は、新たな事業の柱として、有機EL照明や医療・健康機器関連事業、自転車関連事業などを立ち上げています。

導入事例のPDFをダウンロード
※ダウンロードにはお客様情報の入力が必要です。


資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。


お問い合わせ・資料請求

30日間無料試用版ご利用の申込み

このページの先頭へ