社会保険労務士 小泉事務所 様

マイナンバーのセキュリティ対策
マイナンバーの取扱いにおいて、
ガイドライン対応を「FinalCode」で実現

社会保険労務士小泉事務所 様

社会保険労務士小泉事務所様(以下、小泉事務所)では、平成20年の事務所開業以来、お客様の個人情報を安全にお預かりする為、情報セキュリティ体制を構築してこられました。

この度、平成28年1月から施行されるマイナンバー制度に備え、デジタルアーツ「FinalCode」を活用した個人情報の保護対策を講じ、お客様に安心してマイナンバーを提供して頂ける体制を整備されました。

会社概要
平成20年6月開業。社会保険労務士事務所。東京都を中心に、人事労務に関するコンサルティング、社会保険・労働保険・給与計算業務のアウトソーシングサービスを提供。東京都社会保険労務士会所属。マイナンバー制度に関する講演やコンサルティングサービスも手掛ける。

http://koizumi-office.jp/

課題は、お客様とのマイナンバー受渡しの安全確保

社会保険労務士 小泉事務所 代表 小泉 正典氏

社会保険労務士 小泉事務所
代表 小泉 正典氏

小泉事務所では、数々の情報漏洩対策を講じてきましたが、マイナンバー制度導入にあたり、最大の課題はお客様から受領するマイナンバーの管理方法でした。

お客様との情報の受渡しは通常、パスワードロックによるファイルの授受で行っていましたが、パスワードロックでは、パスワードが流出したらファイル内の情報を守りきれないため、マイナンバーを保護するには大きな不安がありました。その課題に対する解決策を探す中で「FinalCode」を知り、早速導入検討に着手されました。

マイナンバーの取扱いにおいて、ガイドライン対応を「FinalCode」で実現

小泉事務所では、お客様からマイナンバーを提供して頂く際、「FinalCode」で暗号化されたファイル(「マイナンバー連絡票」)で受渡しをする方法をお客様に提案しています。

「FinalCode」はサーバー認証によって暗号化ファイルの閲覧・操作権限を管理するシステムで、お客様のマイナンバー事務ご担当者と、小泉事務所の担当スタッフしか閲覧できない状態でマイナンバーファイルを保護することが可能です。また、閲覧する度にアクセスログを取得できるため、ガイドラインの「利用実績の記録」にもしっかり対応。また、受領したマイナンバーを利用した業務の終了後、「FinalCode」のファイル削除機能により、マイナンバーファイルの削除と削除記録の取得まで簡単に実現できます。

万が一ファイルが流出した場合の備えとして「FinalCode」を活用

業容拡大につれて各種手続きの控書類の数も増え、それらを安全に保管することも課題となってきました。控書類はスキャン後、ファイルで保管していますが、標的型攻撃等の脅威も増す昨今、ファイルの流出を100%防ぐことは不可能と考えざるを得ません。そう考えた小泉事務所では、従来の対策に加え「FinalCode」によってファイルを暗号化して保護することにしました。

ほんの小さなセキュリティホールから情報が漏洩し、大きな事故に繋がることは十分あり得るため、ファイルが事務所外に出ても保護・管理し続けることが出来るという点で「FinalCode」は必要不可欠なソリューションであると社労士の小泉氏は話します。

導入事例のPDFをダウンロード
※ダウンロードにはお客様情報の入力が必要です。


資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。


お問い合わせ・資料請求

30日間無料試用版ご利用の申込み

このページの先頭へ