標的型攻撃によってファイルが盗まれるのが心配...

多岐にわたる「FinalCode」の利用シーン
標的型攻撃によってファイルが盗まれるのが心配...

標的型攻撃によってファイルが盗まれるのが心配...

ゲートウェイでのセキュリティ対策だけでは標的型攻撃から情報を守りきることはできません。「共有フォルダー自動暗号化機能」によって社内の全てのファイルがもれなく暗号化されていれば、万が一ファイルが流出しても、大切な“情報”が漏洩することはありません。

必要とする
企業・部門
業種・業界、企業規模の大小を問わず守るべきファイルが存在する
すべての部門、PマークやISMS取得企業など
守る
ファイル
経営情報、社員・個人情報、顧客情報、知財特許・機密情報、生産計画、
研究データ、取引先から預かった情報など
「FinalCode Express Edition」なら、
これで解決!!
  • ベースプラン
    ベースプラン
  • 共有フォルダー自動暗号化機能
    共有フォルダー
    自動暗号化機能

「FinalCode Express Edition」についてはこちら




資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。


お問い合わせ・資料請求

30日間無料試用版ご利用の申込み

このページの先頭へ