社内システムのデータも守りたい

多岐にわたる「FinalCode」の利用シーン
社内システムのデータも守りたい

社内システムのデータも守りたい

社内システムのデータベースに格納されたデータは、多くの場合、ひとたび抽出されてしまうと無防備な状態のファイルに書き出されてしまいます。「FinalCode API」を利用すれば、書き出されたファイルを自動的にAPIで暗号化することができます。

必要とする
企業・部門
Oracle、Microsoft、Salesforce、SAP、Marketo等の各社データベースや
ERP、CRM、マーケティングツールを利用している企業のデータ抽出を行う部門
守る
ファイル
データベースから抽出され、CSVなどの形式でファイルに保存された
売上情報、個人情報、顧客情報、与信情報、人事・給与情報など
「FinalCode Express Edition」なら、
これで解決!!
  • ベースプラン
    ベースプラン
  • FinalCode API
    FinalCode API

「FinalCode Express Edition」についてはこちら




資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。


お問い合わせ・資料請求

30日間無料試用版ご利用の申込み

このページの先頭へ