トピックス

  • 2014/11/06

ユーザビリティを強化し既存機能を改善した「FinalCode」Ver.4.2と
Android™端末用閲覧アプリを提供開始

「FinalCode」は、既存のお客様からの要望を取り入れ、従来のセキュリティ強度を保ちつつ、システム管理者及び利用者のユーザビリティを向上させるために改善を行った「FinalCode」Ver.4.2と、「FinalCode」で暗号化されたPDFファイルをAndroid™端末で閲覧できる専用の無料ビュワーアプリ「FinalCode Reader for Android™」を2014年11月6日より提供開始しました。

暗号化されたファイルが個人アドレスに加え、メーリングリスト宛てでも開封可能に

今までの「FinalCode」では、暗号化したファイルの閲覧者として個人アドレスのみ設定可能でしたが、「FinalCode」Ver.4.2のEnterprise版(オンプレミス版)では、「FinalCode」サーバーをAD/LDAPと連携させることで、閲覧者にメーリングリストも設定可能になったほか、管理テンプレートにはOU(組織単位)やセキュリティグループも設定が可能になりました。これにより、管理者は、社員の異動・退職があった時は、AD/LDAPのメンテナンスを行えば、「FinalCode」側では動的にそれを反映することができるようになるため、利用者のユーザビリティとシステム管理者の作業効率を向上させることができます。

AD/LDAP連携でシンプルな運用を実現

AWS(Amazon Web Services)上にも導入可能に

Enterprise版(オンプレミス版)のサーバーは、これまでのハイパーバイザー上に導入するバーチャルアプライアンスとして提供してきましたが、「FinalCode」Ver.4.2から、さらにAWS(Amazon Web Services)上にも導入することができるようになりました。これにより、クラウドプラットフォームの利点であるハードウェアの調達・構築等のコストの削減、システム運用の柔軟性を享受しながら、「FinalCode」サーバーを自社専用に持つことができるようになります。

Android™端末用閲覧アプリを提供開始

既にリリース済みのiOS端末専用の無料ビュワーアプリ「FinalCode Reader for iOS」に続いて、この度、Android™端末専用の無料ビュワーアプリ「FinalCode Reader for Android™」の提供を開始いたします。本アプリを使用すれば、「FinalCode」で暗号化されたPDFファイルを閲覧権限があればAndroid™端末でも閲覧することが可能になりました。これによって、ファイル内の機密情報のセキュリティを担保したまま、従業員の外出先や海外出張等におけるスマートフォンやタブレット端末での業務効率化や営業力の強化が図れます。また、Android™端末にダウンロードされたPDFファイルは、暗号化ファイルの作成者が管理画面を操作することで、リモートで削除できる他、アプリの表示言語を日本語/英語から選択できます。

併せて、管理者権限が無いWindows環境でも「FinalCode」をご利用いただけるよう「FinalCode Reader for Windows」も提供を開始いたします。これにより、閲覧権限が付与されていれば、「FinalCode」で暗号化されたPDFファイル、画像ファイル(jpg/jpeg/tif/tiff)を閲覧することが可能になります。

この機会にぜひ「FinalCode」の導入をご検討ください。



資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。


お問い合わせ・資料請求

30日間無料試用版ご利用の申込み

このページの先頭へ