Web会議システム利用時の情報漏洩対策:テレワーク環境下でもファイルを守るソリューション|FinalCode(ファイナルコード)

テレワーク環境における、情報セキュリティリスク

テレワーク環境に対応した情報漏洩対策が急務に…

新製品開発・販売やM&A準備といったインサイダー情報は、従来は、関係者が集まった会議や集合研修等、閉じた環境下で行われており、会議終了後には関連ドキュメントを回収するなど、情報漏洩対策も徹底されていました。

しかし昨今では、新型コロナウイルス対策としてテレワークが普及するにつれ、各企業ではオンライン経由での実施も余儀なくされております。

テレワーク勤務者が働く自宅やモバイル環境のセキュリティ対策は、一般的には企業のオフィス環境と比べはるかに脆弱です。
個人PC端末に重要なファイルを保存しておくと、紛失・盗難のリスクに常にさらされますし、マルウェアに感染するリスクも企業の社内ネットワークより、はるかに高い場合がほとんどです。

またクラウドストレージサービスの利用も増えておりますが、クラウドストレージサービスでは、ダウンロードされた後のファイルまで守ることは出来ません。

このような状況下で、セキュリティを考慮しつつも、適切な情報を、適切な関係者に共有するためには、どのようにするのが良いのでしょうか?コストをかけず、かつスピーディな対策とはどのようなものでしょうか?

テレワーク環境下の情報共有を、安価かつ堅牢に実現

”ファイルそのものを守る”という新しい観点

FinalCodeは、“情報”や“データ”が格納されるファイルそのものを守る、ファイル暗号化・追跡ソリューション(IRMソフトウェア)です。

社内ネットワーク環境下のファイルに加え、従来では守ることが出来なかった社外ネットワーク環境下や、社外関係者に渡したファイルまで、守り、追跡し、あとから消すことが可能です。

  1. ※Information Rights Management(情報資源管理。文書ファイルを暗号化し、閲覧や編集を制限したり、開封・操作履歴を取ることができるソフトウェア)

FinalCodeを活用した、安全な情報共有

Web会議システムでの情報共有の例

テレワーク環境に対応した情報漏洩対策が急務となる中、FinalCodeを利用したWeb会議システムでの情報共有の例をご紹介します。

図:従来のやり取り

従来のやり取りではファイルがPC端末に残ることによる漏洩リスクがありました

  • 不注意による漏洩(誤送信、紛失/盗難)
  • 不正コピー/不正持ち出し
  • 外部からの攻撃
  • 回収できない
図:FinalCodeを活用した場合

FinalCodeが、安全な情報共有を実現します

  • ファイル操作を制御
  • 操作履歴やアクセス履歴をログ管理
  • あとから権限変更やリモート削除することで、渡したファイルの回収も可能

各Web会議システムの動作検証一覧

  暗号化されていないファイル FinalCodeで暗号化されたファイル(FCLファイル)
通話 音声再生 画面共有 コピー・ペースト/キャプチャ許可 コピー・ペースト/キャプチャ禁止
通話 音声再生 画面共有 通話 音声再生 画面共有
Chatwork デスクトップ版 - - - ×
ブラウザ版 - - - ×
Cisco Webex デスクトップ版 ×
ブラウザ版 - - - ×
Google Meet ブラウザ版 ×
Microsoft Teams デスクトップ版 ×
ブラウザ版 ×
Skype デスクトップ版 ×
ストアアプリ版 ×
ブラウザ版 ×
Slack デスクトップ版 - - - - - -
ブラウザ版 - - - - - -
V-CUBE デスクトップ版 - - - ×
ブラウザ版 - - - ×
Zoom デスクトップ版 ×
  1. △: FinalCode管理者が「アプリケーション制御設定」にて該当アプリケーションの制御を解除することで、FCLファイルを開封している間でも音声再生/通話ができます。
  2. ×: 会議オーナーがコピー・ペースト/キャプチャ禁止のFCLファイルを開封すると、参加者側では該当ファイルの画面が黒く表示され、キャプチャからの漏洩を防ぎます。
  3. -: システム音声の共有機能(音声再生)がありません。
  4. ※ 各サービスは、2020年5月1日時点のバージョンで動作検証しております。
  5. ※ 「アプリケーション制御設定」での制御解除につきましては、こちらのFAQをご参照ください。

「FinalCode」機能一覧

インサイダー情報漏洩対策のご活用事例

これまで守る方法がなかった『社外に提供した機密情報』の漏洩リスクが低減できました―――お客様の声

導入事例(スズキ株式会社様)

スズキ株式会社では、社外の販売店との間でやりとりする機密情報の漏洩を防止するために「FinalCode」を導入。
新車発表前に販売店に提供する新車情報のファイルなどを暗号化し、あらかじめ決められた販売店のユーザーしか復号・参照できない仕組みを導入したことで、社外に提供するファイルから情報が漏洩するリスクを低減することができました。


導入事例 (スズキ株式会社様)

ビジネスチャットツールも同時提供

『FinalCode@Cloud(クラウド版)』をご導入いただくと、
ビジネスチャットツール『Desk@Cloud』も無償でご利用可能です。

ビジネスチャットは、社内でのメールのやり取りや会議室の予約といった手間を省き、業務効率化に効果を発揮するだけでなく、テレワーク導入の強力なサポートとなります。

有事の際でも、テレワークを安全に実施することで、積極的なコミュニケーションを可能とし、成果向上に繋げることが可能です。ビジネスチャットを活用した柔軟な働き方による、安全で円滑な業務運営を検討することをお勧めします。

チャット画面
ビデオチャット、デスクトップ共有画面
※ビデオチャットは有償オプション

お問い合わせ・試用版のお申込みはこちら


03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
資料請求・お問い合わせ