NEW!!【セミナー情報】「Box」×「FinalCode」連携ソリューション紹介セミナー(大阪)

NEW!!【セミナー情報】自治体の運用事例から学ぶ情報漏洩から個人情報と職員を守るファイルセキュリティ

シンプルな運用で自治体内を確実に守るファイル暗号化セキュリティ「FinalCode 自治体限定版」提供開始!!

「FinalCode」と「Box」が連携!「Box」からダウンロードされたファイルの追跡から権限設定変更を可能に!!

よりセキュアで便利に大幅バージョンアップした「FinalCode」Ver.5、ついに登場!!

渡したファイルが “あとから” 消せる
ファイル暗号化・追跡ソリューション

自社の重要な情報資産を、社内から社外まで
ボーダーレスにコントロールし続けられる、究極の安心。
「FinalCode」Ver.5 新機能はこちら

詳しくはこちら



FinalCodeとは

指定した人やグループのみ閲覧でき、
アクセス履歴が完全に追えて、
いざとなれば “あとから” 消せる、
究極のファイルセキュリティ。

「FinalCode」は、重要ファイルを暗号化して、利用状況を追跡、遠隔で削除もできるファイル暗号化・追跡ソリューション(ファイル暗号化ソフト)です。開封ユーザー・グループを限定してファイルを暗号化するため、転送による第三者への間接情報漏洩(2次漏洩)のリスクもありません。暗号化ファイルは、配布後も動的に権限を変更できるため、従来では不可能だった重要ファイルの回収(削除)も簡単に実現します。

「FinalCode」は、お客様の利用ニーズに合わせて、SaaS(クラウド版)とVA(Virtual Appliance オンプレミス版)を選択いただけ、クラウド版をご利用の際は、「FinalCode Client(ファイル暗号化ソフト)」をインストールするだけで環境が構築できます。さらに、暗号化したままファイルを社外の取引先に渡すことができ、渡す相手の取引先に費用は掛からずに情報漏洩対策を実現できます。

指定した人以外は閲覧不可いつでも意のままに権限設定が可能

指定した人以外は閲覧不可
いつでも意のままに
権限設定が可能

  1. パスワードレス
  2. 印刷・編集制御
  3. 閲覧者指定
  4. 不正時自動削除
  5. 期間・回数指定
  6. 印刷透かし設定

ファイルには、権限を設定することができます。
また、暗号化したファイルの閲覧権限は、
渡したあとでも、いつでも自由に変更できます。

ファイルが手元を離れたあとでも、アクセスログで追跡することが可能

ファイルが手元を離れたあとでも、
アクセスログで追跡することが可能

  1. アクセスログ確認
  2. 不正閲覧検知
  3. 操作ログ確認

渡したファイルのアクセスログを管理画面から確認することができます。
さらに、不正なアクセスなどがあった場合は、メールによって通知されるので、ファイルがどこにあろうとも、いつでも状況を把握することが可能です。

渡したファイルを“あとから” 削除することが可能

渡したファイルを
“あとから” 削除することが可能

  1. リモートファイル削除
  2. リモート権限変更

渡したファイルを、遠隔で、
“あとから” 削除することができるので、
ファイルを提供した相手から
間接漏洩が起こるリスクを抑えることができます。

魔法のようなソリューション
でも実は、タネも仕掛けもあります

特許取得済み
  1. 01
  2. 02
  3. 03
  4. 04
  5. 05

左の数字にポインタを当てると詳細情報をご覧いただけます。

01

作成者が対象ファイルを「FinalCode Client」で暗号化すると、「FinalCode サーバー」にファイルの権限情報と鍵が預けられます
(ファイル自体は保存されません。)

02

ファイルの受信者は、事前に「FinalCode Client」をインストールしておきます。
インストールが完了すると、自身のメールアドレスと利用する端末情報が「FinalCodeサーバー」に登録されます。

03

作成者が、受信者にファイルを渡します。メールやUSBメモリ、クラウド等、配布方法は問いません。

04

受信者が暗号化されたファイルをダブルクリックすると、自動的に「FinalCodeサーバー」に権限情報の問い合わせが行われ、権限情報に基づいて、ファイルの閲覧可否が判断されます。
このとき受信者が行った、閲覧、編集、印刷等の操作は「FinalCode サーバー」に全て記録され、作成者はログとして管理することができます。

05

「FinalCode サーバー」の権限情報はあとから変更することもできます。

作成者が、渡したファイルに削除の操作を行うと、受信者がファイルをダブルクリックした際に「FinalCodeサーバー」に最新の権限情報の問い合わせが行われ、ファイルがどこにあっても、いくつコピーが存在していても、すべて同様に遠隔で削除することができます

  • ※「FinalCode」による暗号化やファイル展開はインターネットに接続可能な環境が必要です。
  • ※ 利用に際し、「FinalCode Client」のインストールとユーザー登録が必要です。

NEWS & TOPICS

2016/06/23EVENT
【セミナー情報】「Box」×「FinalCode」連携ソリューション紹介セミナー~「Box」からダウンロードされたファイルに最高の安心を。~(大阪)NEW!!
2016/06/22EVENT
【セミナー情報】自治体の運用事例から学ぶ情報漏洩から個人情報と職員を守るファイルセキュリティNEW!!
2016/06/21TOPICS
「Box World Tour 2016 Tokyo」に出展 NEW!!
2016/06/15TOPICS
「FinalCode」Ver.5.01R03 バージョンアップのお知らせ
2016/06/09BLOG
注目のクラウドストレージサービス「Box」と「FinalCode」が連携すると
2016/05/26EVENT
【セミナー情報】デジタルアーツの自治体向け情報漏洩対策ソリューション ~“メール無害化”“ファイル暗号化”“ファイル転送”による標的型攻撃対策~(オンラインセミナー)
2016/05/25BLOG
対応が急がれる「自治体のセキュリティ強化」、ネットワーク分離の次にやるべきこととは?
2016/05/18EVENT
【セミナー情報】「ファイルセキュリティ」で標的型攻撃に備える。渡したファイルを守り、追跡し、あとから消せる「FinalCode」のご紹介
2016/05/11TOPICS
「FinalCode」Ver.5.01R02 バージョンアップのお知らせ
2016/05/09EVENT
【セミナー情報】標的型攻撃対策セミナー in 岡山~「入れさせない・探させない・出させない」3つの対策ポイントのご紹介~
  1. 一覧を見る
※Gartner “Cool Vendors in Print and Imaging, 2015” Michele C. Caminos et al, 23 April 2015
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

おすすめ情報

ハワード・A.シュミットが「FinalCode」をおすすめする理由

ハワード・A.シュミットが「FinalCode」をおすすめする理由

ハワード・A.シュミットが企業の情報漏洩対策に「FinalCode」をおすすめする理由を動画でご紹介します。

「FinalCode」で “マイナンバー対応”

「FinalCode」で “マイナンバー対応”

委託先にも自社と同等の安全管理措置を担保する管理・監督義務があるマイナンバー対応には「FinalCode」をおすすめします。

漫画でわかる「FinalCode」の
情報漏洩対策

漫画でわかる「FinalCode」の情報漏洩対策

委託先から顧客情報がネットに流出?「FinalCode」の特長を漫画でご紹介します。


  • プライバシーマーク
  • ASP・SaaS 情報開示認定サイト

資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。



お問い合わせ・資料請求

30日間無料試用版ご利用の申込み

このページの先頭へ