NEW!!暗号化ファイルを受け取った社外ユーザーがクライアントソフト不要で閲覧可能な「FinalCode®」Ver.5.4を4月26日から提供開始

「FinalCode® Client for Mac」提供中

マンガでわかるFinalCodeの情報漏洩対策

どれくらい簡単に使えるの?『カンタン動画マニュアル』をご覧ください!

企業が今すぐ対応すべき情報漏洩対策とは?

マイナンバーのIT対応は、「FinalCode」でOK!!

暗号化ファイルを受け取った社外ユーザーがクライアントソフト不要で閲覧可能な「FinalCode®」Ver.5.4、2018年4月26日より提供開始
機密も社員もしっかり守る。組み合わせ自由のファイルセキュリティ。「FinalCode Express Edition」
シンプルな運用で自治体内を確実に守る「FinalCode 自治体限定版」
Boxからダウンロードされたファイルに最高の安心を。「Box」×「FinalCode」
もうすぐEUで施行されるGDPR、真っ先に手を付けるべき対策とは?



暗号化したファイルは、
指定した人やグループのみ閲覧でき、
アクセス履歴が完全に追えて、
いざとなれば “あとから” 消せる、
究極のファイルセキュリティ。

FinalCodeとは

「FinalCode」は、重要ファイルを暗号化して、利用状況を追跡、遠隔で削除もできるファイル暗号化・追跡ソリューション(ファイル暗号化ソフト)です。開封ユーザー・グループを限定してファイルを暗号化するため、転送による第三者への間接情報漏洩(2次漏洩)のリスクもありません。暗号化ファイルは、配布後も動的に権限を変更できるため、従来では不可能だった重要ファイルの回収(削除)も簡単に実現します。

「FinalCode」は、お客様の利用ニーズに合わせて、SaaS(クラウド版)とVA(Virtual Appliance オンプレミス版)を選択いただけ、クラウド版をご利用の際は、「FinalCode Client(ファイル暗号化ソフト)」をインストールするだけで環境が構築できます。さらに、暗号化したままファイルを社外の取引先に渡すことができ、渡す相手の取引先に費用は掛からずに情報漏洩対策を実現できます。

暗号化するファイルは、指定した人以外、閲覧不可いつでも意のままに権限設定が可能

暗号化するファイルは、
指定した人以外、閲覧不可
いつでも意のままに
権限設定が可能

  1. パスワードレス
  2. 印刷・編集制御
  3. 閲覧者指定
  4. 不正時自動削除
  5. 期間・回数指定
  6. 印刷透かし設定

暗号化するファイルには、
権限を設定することができます。
また、暗号化するファイルの閲覧権限は、
渡したあとでも、いつでも自由に変更できます。

ファイルが手元を離れたあとでも、アクセスログで追跡することが可能

暗号化したファイルは、
手元を離れたあとでも、
アクセスログで追跡することが可能

  1. アクセスログ確認
  2. 不正閲覧検知
  3. 操作ログ確認

渡した暗号化ファイルのアクセスログを
管理画面から確認することができます。
さらに、不正なアクセスなどがあった場合は、
メールによって通知されるので、暗号化したファイルが
どこにあろうとも、いつでも状況を把握することが可能です。

渡した暗号化ファイルを“あとから” 削除することが可能

渡した暗号化ファイルを
“あとから” 削除することが可能

  1. リモートファイル削除
  2. リモート権限変更

渡した暗号化ファイルを、遠隔で、
“あとから” 削除することができるので、
ファイルを提供した相手から
間接漏洩が起こるリスクを抑えることができます。

NEWS & TOPICS

2018/04/24TOPICS
暗号化ファイルを受け取った社外ユーザーがクライアントソフト不要で閲覧可能な「FinalCode®」Ver.5.4を4月26日から提供開始 NEW!!
2018/04/19EVENT
【オンラインセミナー情報】情報漏洩対策には「ファイルを守る」が有効!~優先順位を整理して、「堅牢性」と「柔軟性」を両立させる対策を事例を交えてご紹介~2018年4月24日開催!
2018/04/06EVENT
【イベント出展情報】第15回 情報セキュリティEXPO [春] 2018年5月09日~11日 開催!
2018/03/27BLOG
働き方改革の目玉「在宅勤務」を安全に実現するには?
2018/03/22BLOG
日常業務でも必須となってきた「暗号」の活用、製品導入企業は4割超え
  1. 一覧を見る

海外グループ会社のプレスリリース

2017/09/12
New FinalCode 5.3 Release Extends the Types of Applications Traditional IRM Can Support
(PC上のフォルダーを丸ごと暗号化する「セキュアコンテナ」機能を搭載)
2017/05/09
FinalCode Launches Client for Mac Worldwide
(FinalCode® for Mac 世界で同時提供開始)
2017/02/01
New Release of FinalCode 5.2 Extends Enterprise File Collaboration Security with Protected File Preview for Box and Enhanced Support for EMC Storage, Macro-enabled Office Files
(Box内に暗号化されたファイルのプレビュー機能を追加、ECMストレージやOfficeマクロファイルに対応したFinalCode 5.2を提供開始)
  1. 一覧を見る
「FinalCode」活用事例集のダウンロード

<5つの業種の活用事例をご紹介>

「FinalCode」 活用事例集のダウンロード

「標的型攻撃対策」「自治体情報セキュリティ」「悪意ある内部犯行」「データの不正利用」「取引相手からの漏洩」の5つの業種の活用事例をご紹介します。
※ダウンロードにはお客様情報の入力が必要です。

「Box × FinalCode」活用事例集のダウンロード

<4つの業種の活用事例をご紹介>

「Box × FinalCode」 活用事例集のダウンロード

「金融・信託」「教育・研究・学習支援」「保健・メンタルヘルスケア」「自動車」の4つの業種で、Box × FinalCodeの活用事例をご紹介します。
※ダウンロードにはお客様情報の入力が必要です。

※Gartner “Cool Vendors in Print and Imaging, 2015” Michele C. Caminos et al, 23 April 2015
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。


資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。



お問い合わせ・資料請求

30日間無料試用版ご利用の申込み

このページの先頭へ