主な機能

万全の情報漏洩対策を実現する多彩な機能

「FinalCode」は、閲覧者の指定だけでなく、複数の権限オプションによってファイルの操作権限を設定することができます。例えば、プロジェクト終了後に自動削除される「時限付きファイル」を作成したり、印刷が必要な機密ファイルに印刷時の強制透かしを設定し、情報漏洩対策を図ることができます。

また、Ver.5で強化された、共有フォルダー自動暗号化機能では、手間をかけず、社員が意識することなく、ファイルを守ることができます。

ファイル暗号化機能

強固なファイル暗号化機能

強固なファイル暗号化機能

ファイルを暗号化する時に閲覧できる相手を指定し、画面キャプチャやコピー&ペースト、印刷の禁止などの操作を制限できます。

柔軟なファイル暗号化方法

柔軟なファイル暗号化方法

ファイル暗号化の方法は、通常の暗号化に加えて、「テンプレート」や「API」を利用した自動暗号化をご用意しております。

ファイル検索・ログ追跡機能

ファイル検索・ログ追跡機能

ファイル検索・ログ追跡機能

ファイルの操作履歴や開封履歴を管理画面で確認できるため、不正に持ち出された重要なファイルの行方をしっかり管理・把握できます。

リモート権限変更機能

あとから消去もできるリモート権限変更機能

あとから消去もできるリモート権限変更機能

あとからリモートで、閲覧権限や操作権限を変更したり、ファイルそのものを消去したりすることができるため、確実に情報漏洩を防止します。

簡単操作

業務に支障をきたさない簡単操作

業務に支障をきたさない簡単操作

暗号化時の操作は、2ステップ。閲覧時は、いつものアプリケーションで、いつもの操作ができます。

主要なファイル形式に対応

主要なファイル形式に対応

グローバルで標準的に使われている主要なアプリケーションを継続的に動作検証しています。

クライアントソフト

用途に合せたクライアントソフト

有償/無償など、お客様の環境や用途に合わせたクライアントプログラムをご用意しています。

iOS/Android端末向けアプリ

閲覧専用アプリを利用すると暗号化されたPDFファイルをモバイル端末で閲覧できます。

管理機能

組織管理機能

柔軟な設計で、社内のセキュリティガバナンスを強化できます。

印刷透かし追加機能

印刷制限を付けた暗号化ファイルの印刷時に、ユーザーが指定した透かしを追加できます。

AD連携

閲覧者にメーリングリストやOU・セキュリティグループを指定することができます。

リモートインストールと認証

Active Directoryと連携し、ユーザーがログインした際に自動でFinalCode Clientをインストール。統合Windows認証が可能です。

添付ファイルの自動暗号化

メールセキュリティ「m-FILTER」と連携し、添付ファイルを自動的に暗号化することができます。




資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。


お問い合わせ・資料請求

30日間無料試用版ご利用の申込み

このページの先頭へ