機密も社員もしっかり守る。組み合わせ自在のファイルセキュリティ。「FinalCode Express Edition」

社内のファイル管理に特化した
「FinalCode® Express Edition」

2016年1月11日より提供を開始した「FinalCode」Ver.5 は、社外に渡したファイルを追跡でき、不正なアクセスがあればすぐに通知を受け、いざという時にはファイルの所在を問わずリモートで削除することができる、高機能な「暗号化・追跡ソリューション」として評価され、数多くのお客様に採用いただいております。

その一方で、銀行、サービス業、公益業などからは、標的型攻撃対策や内部不正対策のために「まずは社内のファイルをしっかり守りたい」、「暗号化の運用を定着させた後、業務シーンやセキュリティ対策計画に合わせて段階的に機能を拡張したい」というご要望もあり、「FinalCode」Ver.5の機能を絞った「FinalCode Express Edition」として提供します。

暗号化したファイルは、
指定した人やグループのみ閲覧でき、
アクセス履歴が完全に追えて、
いざとなれば “あとから” 消せる、
究極のファイルセキュリティ。

FinalCodeとは

「FinalCode」は、重要ファイルを暗号化して、利用状況を追跡、遠隔で削除もできるファイル暗号化・追跡ソリューション(ファイル暗号化ソフト)です。開封ユーザー・グループを限定してファイルを暗号化するため、転送による第三者への間接情報漏洩(2次漏洩)のリスクもありません。暗号化ファイルは、配布後も動的に権限を変更できるため、従来では不可能だった重要ファイルの回収(削除)も簡単に実現します。

「FinalCode」は、お客様の利用ニーズに合わせて、SaaS(クラウド版)とVA(Virtual Appliance オンプレミス版)を選択いただけ、クラウド版をご利用の際は、「FinalCode Client(ファイル暗号化ソフト)」をインストールするだけで環境が構築できます。さらに、暗号化したままファイルを社外の取引先に渡すことができ、渡す相手の取引先に費用は掛からずに情報漏洩対策を実現できます。

暗号化するファイルは、指定した人以外、閲覧不可いつでも意のままに権限設定が可能

暗号化するファイルは、
指定した人以外、閲覧不可
いつでも意のままに
権限設定が可能

  1. パスワードレス
  2. 印刷・編集制御
  3. 閲覧者指定
  4. 不正時自動削除
  5. 期間・回数指定
  6. 印刷透かし設定

暗号化するファイルには、
権限を設定することができます。
また、暗号化するファイルの閲覧権限は、
渡したあとでも、いつでも自由に変更できます。

ファイルが手元を離れたあとでも、アクセスログで追跡することが可能

暗号化したファイルは、
手元を離れたあとでも、
アクセスログで追跡することが可能

  1. アクセスログ確認
  2. 不正閲覧検知
  3. 操作ログ確認

渡した暗号化ファイルのアクセスログを
管理画面から確認することができます。
さらに、不正なアクセスなどがあった場合は、
メールによって通知されるので、暗号化したファイルが
どこにあろうとも、いつでも状況を把握することが可能です。

渡した暗号化ファイルを“あとから” 削除することが可能

渡した暗号化ファイルを
“あとから” 削除することが可能

  1. リモートファイル削除
  2. リモート権限変更

渡した暗号化ファイルを、遠隔で、
“あとから” 削除することができるので、
ファイルを提供した相手から
間接漏洩が起こるリスクを抑えることができます。

「FinalCode Express Edition」とは?

「FinalCode Express Edition」は、IRM 製品の基本機能である「個別ファイルの暗号化」と「ローカルフォルダーの自動暗号化」機能を備えており、1ライセンスあたり月額1,000円で提供します。基本機能以外の様々な機能は、有償オプションとして追加購入いただけるようになっています。

「共有フォルダー自動暗号化機能」、「削除・不正通知機能」、「Box連携機能」、「CADファイル暗号化・閲覧機能」、「大規模運用機能」の他、オフライン環境でのファイル操作を可能にする「オフライン閲覧機能」や、システムとの連携を可能にする「FinalCode API」も、有償オプションとして追加購入が可能です。

「FinalCode Express Edition」は10ライセンスより、1ライセンス単位でご購入いただけ、お客様のニーズや導入計画に合わせてライセンス数やオプション機能を追加できます。

BASE PLANプラスOPTION

ご利用シーン

例えば、まずは社員一人ひとりが管理するファイルを暗号化し守り、共有されるファイルが自動で暗号化されるように、オプションである「共有フォルダー自動暗号化機能」を導入し全社的な暗号化を定着させます。

また、社外とのファイルのやり取りを行う場合、「削除・不正通知機能」をオプション導入することで、不正アクセスのリアルタイムな検知とファイルのリモート削除が実現します。

このように「FinalCode Express Edition」は、お客様のニーズや計画に柔軟に対応した情報漏洩対策基盤と運用を実現します。

オススメの4つのプラン

必要な機能を必要な時に。オプション購入で機能追加ができる「FinalCode Express Edition」は、柔軟な導入が可能です。
もちろんあとからの利用者増にも対応できます。

(A)社内のファイルをしっかり守るプラン(B)社内のファイルを自動で守るプラン(C)社外に出すファイルも安心プラン(D)Boxから出るファイルも安心プラン

ライセンス形態

課金対象は企業・団体内のユーザーのみ。
取引先や委託先など、外部の閲覧するだけのユーザーは無償です。

暗号化ファイルを閲覧する「企業・団体外」ユーザーに費用はかかりません。

※「FinalCode」に登録されたドメインとは異なるドメインのメールアドレスを持つユーザー

製品エディション

  FinalCode Ver.5
Express Edition
FinalCode Ver.5
Business Edition
FinalCode Ver.5
Enterprise Edition
  【有償オプション】
大規模運用機能※1
  社内のファイル管理に特化、基本機能以外の様々な機能は、有償オプションとして追加購入が可能 暗号化/ログ管理/リモート権限変更・削除といった基本IRM機能と、クライアントからのフォルダー自動暗号化によるユーザビリティを実現 Business Editionの機能に加え、共有フォルダーの自動暗号化に特化したモジュールと、全社・大規模での運用に必要な管理機能を提供
導入形態 SaaS(クラウド版)/
VA(オンプレミス版)
SaaS(クラウド版) SaaS(クラウド版)/
VA(オンプレミス版)
使用料 ¥1,000/ライセンス/月<年間契約>
【有償オプション】大規模運用機能※1
¥1,500/ライセンス/月<年間契約>
¥2,000/ライセンス/月
<年間契約>
お問い合わせください
最低購入ライセンス 10ライセンス 50ライセンス
購入ライセンス単位 1ライセンス
必要ライセンス数 「FinalCode」を利用する「企業・団体ユーザー」数分
1ファイルに設定可能な権限セット数 2権限セット/ファイル 5権限セット/ファイル 2権限セット/ファイル 5権限セット/ファイル
1ファイルに設定可能な閲覧者数上限値※2 50メールアドレス/権限セット 100メールアドレス/権限セット 50メールアドレス/権限セット 100メールアドレス/権限セット
組織階層数の上限値 1階層 10階層 10階層
利用できるユーザータイプ 7種類の基本ユーザータイプ※3から選択 7種類の基本ユーザータイプ※3から選択
(自由にカスタマイズ可能)
7種類の基本ユーザータイプ※3から選択 7種類の基本ユーザータイプ※3から選択
(自由にカスタマイズが可能
ローカルフォルダー
自動暗号化機能※4
(最大5フォルダー)
AD連携
IP制限設定※5
デバイス制限設定※6
システムログ出力※7
FinalCode API 有償オプション (¥2,000,000/年)
共有フォルダー自動暗号化機能 有償オプション※1 (¥500/ライセンス/月)<年間契約>
削除・不正通知機能 有償オプション※1  (¥600/ライセンス/月)<年間契約>
Box連携機能※8 有償オプション (¥300/ライセンス/月)<年間契約> SaaSのみ
CADファイル暗号化・閲覧※8 有償オプション (¥500/ライセンス/月)<年間契約>
オフライン閲覧機能※9 有償オプション (¥500,000/年)
「FinalCode」の機能については、製品ページをご確認ください。
「FinalCode」主な機能
「FinalCode」がITRの調査で2015年度SaaS型IRM市場において
76.7%でベンダーシェア1位を獲得
~前年度比114.3%増と倍増するSaaS型IRM市場でデジタルアーツがシェアを拡大~

株式会社アイ・ティ・アールが2016年6月に発刊した市場調査レポート「ITR Market View:情報漏洩対策市場2016」のIRM市場の中で、弊社の提供するファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」が2016年度提供形態別市場シェアのSaaS型IRM市場にて76.7%のシェアで1位を獲得しています。

出典: 2016年6月 ITR発行「ITR Market View:情報漏洩対策市場2016」
「FinalCode Express Edition」の魅力と概要を
製品担当者がわかりやすい動画でご紹介いたします。
ぜひご視聴ください。
「FinalCode Express Edition」をご検討いただくための
「資料」をご用意しました。
ダウンロードしてご活用ください。

※ご視聴、ダウンロードにはお客様情報の入力が必要です。

「FinalCode Express Edition」の
お問い合わせ・試用版のお申込みはこちらから


資料請求、導入、ご購入に関するお問い合わせ

ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

▼お電話によるお問い合わせ
03-5220-3090平日 9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日除く)
▼オンラインフォームによるお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

試用版ご利用のお申し込み

SaaS(クラウド版)の「FinalCode」を30日間無料でご試用いただけるライセンスをご用意しております。お気軽にお申し込みください。